亀井から道重への手紙

2013-02-12 (火) 08:09:10 (1621d)

モーニング娘。6期メンバー、亀井絵里が卒業を発表したあと、同期の道重さゆみに向けて読んだ手紙。

しげさんへ

絵里からのお便りなんて何年ぶりかしら。

8年ぶりと言っても過言じゃないね。

っというか、お手紙を書いたことあるっけ?

ぷっぷっぷ〜

まぁ、だから言いたいのはね。

何を書けばよいのだろうか、ということ。

まぁ書いてみようかな。

さゆとはね。気が合うのかなぁ。話が合うのかなぁ。

なんで、いつもいつも一緒にいるんだろうね。不思議だよ。

一緒にいると落ち着くし、安心するし、いつの間にかずっと笑ってたりして、本当に楽しいよ。おめでとう。

さゆみたいな、心の友達っていうのかな。

こういう友達が自分にいることに、本当に喜びを感じてます。

もはや、友達か親友か、人かウサギか分からないくらいだよ。

君は一体、

いつも絵里を頼ってばっかりってよく言うけど、いつも心から頼りにしてたのは絵里だよ。ありがとう。

さゆは、絵里のことを理解してくれてるって思うだけで心強かった。

だから、絵里、卒業するって、さゆに伝えた時、緊張しなかったっていうか、全然怖くなかった。不思議だよ。

家族でもないのにね。

一緒に過ごした、頑張ってきた8年間が、今の二人を作ってくれたんだなって思ったら、ものすごく嬉しくなった。

なんか一曲できちゃいそうだね。ウケる。

これからもよろしくね!

君とは、君と話したり、ふざけたり、何でも楽しいから、これからもよろしくね。

この手紙は、一般的に、長い?短い?

自分的には、意外と書けてビックリンリン。

あ。前から行こうって言ってる旅行行こうね。

また手紙書けたら書くね。

えりりんより


スポンサーリンク

関連項目

亀井絵里のエピソード
道重さゆみのエピソード
道重から亀井への手紙
亀井名言集


Counter: 18148, today: 4, yesterday: 7