サブリーダーからみる道重像

2013-08-17 (土) 21:27:34 (1313d)

雑誌「Top Yell」2013年9月号 譜久村聖×飯窪春菜 モーニング娘。サブリーダー対談から一部抜粋

――道重さんのすごさは、どういう部分で感じますか?
飯窪 挙げていったらキリがないんですけど、まず第一に人望の厚さですよね。ファンの方からの信頼、メンバーからの信頼、スタッフさんからの信頼。
周りの人が全員、道重さんは裏切るような真似は絶対にしないとわかっている。だから、みんな自然と道重さんについていくんですよ。
私も今回サブリーダーになりましたけど、メンバーから信頼されないことには、今後も相談されることなんてないでしょうし。
道重さんはモーニング娘。で11年間も活動していますよね。その間、プライベートも含めてずっと……いい行いしかしてこなかったと思うんです。人間として正しいことばかりしてきたというか。
だから私も道重さんを見習って、プライベートからきちんとしなくちゃいけないって思うんです。

譜久村 私が道重さんのすごいと思うところは、自分のことを客観的に見ているところです。
たとえばコメントするときも、どうすればファンの方が喜んでくれるかっていうことをすごく深く考えているんです。
いくつもいくつも発言する内容を事前に用意していて、どうやったらうまく伝わるかを一生懸命に考えている。
もう本当にプロですよ。いつもアンケート用紙にコメントもびっしり書いていますし。ブログの更新頻度もすごいですしね。

飯窪 だって見ていると、休憩時間も休憩していないんですよ。ブログを書いたり、アンケートに答えたり、グッズにサインしたり……。
ちょっと手が空いたかと思ったら、スタッフさんに自ら確認しているんです。
「もう書き物系はないですか?あの件は大丈夫ですかね?」とか。その確認事項というのも、スラスラスラスラ淀みなく出てきますし。カッコよすぎます。

譜久村 いや、もう本当に日々勉強になります。こんなに一緒にいるのに、毎日が学ぶことばかりですよ。
最近も道重さんと2人で撮影する機会があったんです。上がった写真をチェックすると、全部のカットが可愛いのは当たり前だとして、表情のバリエーションがすごいんですよ。セルフプロデュース能力がハンパじゃないなって。
コンサートで2人一緒に歌っても、隣でものすごいオーラを感じますし。お客さんが道重さんのほうばかり観ていることが、ステージからわかるんですね。
私、それが悔しいんです!
キャリアは全然違うかもしれないですけど、舞台に立ったらそんなの関係ないじゃないですか。キャリアを言い訳にしたくないんです。
だからせめて、今は道重さんのいいところを盗みたいなって思っています。

飯窪 最近思うんですけど、道重さんって全部のことに対して真剣なんですよね。
たとえばメンバーが道重さんに冗談めかした軽いメールを送ると、そういうときでも道重さんは気が利いた面白い返し方をしてくる。
逆にちょっと悩んでいることをメールで相談したら、それこそ長文で真剣に返してくれますし。そういうの、いろんなメンバーから聞くんですよ。
みんなに対して対等に、体当たりでぶるかってくれるんです。
人間として真面目というか、真剣に生きているっていうことだと思うんですよ。本当に尊敬できます。私も、ああいう人間になりたいです。

――そこまで言われたら、道重幻想がますます広がりますね。リーダーとして完璧じゃないですか。

譜久村 こんなこと、道重さん本人を前にしたら言えないですけどね(笑)
私は道重さんにいつか聞いてみたいことがあって、それは私たちが加入する前のモーニング娘。についてなんですよ。
道重さんは11年前に加入した。私たち9期は3年前に加入した。つまり道重さんは、私たちが知らない8年間を知っているんですね。私は、それが聞きたい。
なぜかというと、グループの歴史を継いでいきたいからです。「コンサート終わりにどうやって反省していたのか?」とか「この出来事のとき、どう感じたのか?」とか……。
今度は12期も入りますけど、モーニング娘。の素晴らしいところは、後輩たちにも伝えていきたいんです。


スポンサーリンク

関連項目

道重さゆみのエピソード
モーニング娘。
譜久村聖のエピソード
飯窪春菜のエピソード
リーダー


Counter: 14211, today: 1, yesterday: 7