つんく♂のエピソード

2014-08-19 (火) 21:05:30 (923d)

つんく♂ハロー!プロジェクトプロデューサー)のエピソード。

Twitterでの大活躍

派手な炎上などはない。
だが逆に言えば、彼は炎上を起こすような行動をしないのである。
一般人から煽られてキレる芸能人が多い中でつんく♂は素で煽り返すような空中戦を繰り広げる。
それも彼の魅力のひとつである。
(詳細はこちら)

イェイ!おめでとう!

つんく♂が安倍なつみの卒業を発表するときに発したセリフ。
当時大人気だった安倍の卒業にファンは意気消沈していたため、あまりにカジュアルで軽い言い方にファンは驚愕した。
時にマジヲタをガンガン煽るところも彼の魅力である。

浜田からどつかれることを喜ぶ文化

シャ乱Q時代に出演したHEY!HEY!HEY!で、ダウンタウン浜田にどつかれた際、ガッツポーズをとり喜んだ最初の出演者。
お笑いが好きなつんく♂にとって浜田からどつかれるのは夢のひとつだったらしい。
それ以前よりミュージシャン間では「浜田にどつかれると売れる」という都市伝説があった。
この出来事で一般視聴者がこの都市伝説を知ることになった。

モーニング娘。のメンバーと結婚しろ

秋元康にモーニング娘。のメンバーと結婚しろと言われたことがあるが、しなかった。
しかし対談等で国民の中から選び抜かれたかわいい女の子の集団で仕事をすることは拷問に近いと告白している。
その理由として健全な男であればかわいい女の子が好きではあるものの、それではプロデューサーとして務まらない。
そのためいかに自身やメンバーに異性を感じさせないかが大事なのであると述べている。
また、そのような女の子を好きな気持ちを楽曲にぶつけることにより良い楽曲が生まれるのだと語っている。
加えてオーディションでの選考基準の一つとして、「この子が20歳位になったとき、自分の好みにピッタリはまるなという様な子は、どれだけ光っていても選考から外す」とも語る。
秋元康は自身がプロデュースしたおニャン子クラブの一員だった高井麻巳子と結婚しているが、仕事に関してつんく♂と秋元康はまるで違う考え方を持っているのだろう。

アイドルオタクは応援するアイドルと距離の近い男性であるプロデューサーをときに敵視することもある。
だが、ハロプロヲタはむしろつんく♂を尊敬することが多い。
それは上記のようなつんく♂の真摯な態度からきているものなのだろう。

つんく♂先生の歌詞解説

Twitterより引用
https://twitter.com/tsunkuboy/statuses/269336531993497600
https://twitter.com/tsunkuboy/statuses/269338181516787713

――夏男聴くたび思うんですけど、なんで門限わざと早い時間教えるんですか?
つんく♂「22時がリアルの門限だけど20時って言っておけば、その男がつまらん奴やったら20時で帰る理由が出来るし、気に入ったら「今日は門限やぶる」って言うと彼うれしいでしょ」
つんく♂「でも、この歌詞で言いたかったのは、「門限は早い目に伝えてあるから強引にでも私を口説いて伸ばしてみなさい」って意味です」

女子よりも女子らしいおっさん。


スポンサーリンク

関連項目

つんく♂
シャ乱Q
つんく「そなの?ごめんね」

Counter: 18328, today: 5, yesterday: 5